お布施について

 

●お布施について——意味と費用

 

お布施というものは、どうも、現代人にとっては、わかりにくく不安なものになっているようです。

特に不安なのは、費用についてでしょう。 いったい、いくら包めばいいのかがわからない、というのが多くの方の感覚です。なぜわかりにくいのかという理由は、お布施は、世間一般でいうところの料金ではなく、宗教的なものだからです。 費用についてお話しする前に、ちょっとだけ、お布施の意味について触れますので、おつきあいください。

追善、布施行、感謝

まず第一にお布施には、追善供養という意味があります。

追善とは、追って善をなすこと、「追って」というのは「亡くなってから」ということ、「善をなす」というのは「お供えをする」ということです。つまり亡くなった方があの世で幸せに暮らせるよう、こっちの世界でお供えをして供養をすることを追善供養と言います。 つまりお布施には、そうした亡くなった方へのお供えという意味があります。

第二には、「布施行」という意味があります。 これはちょっとわかりにくいかもしれませんが、「布施行」というのは、「自分の大切なものを施す修行」ということです。人にものを施すことは、とても尊いことで、仏教では自らを高めていく修行だと考えられています。さらには施すということを続けていくと、そこに喜びを感じるようになります。 もちろんそれは、高価なものでなくてもいいし、ものでなく、何らかの行為でも同様です。つまり、人に親切にすることも、布施行です。つまりお布施には、仏さまに施すという意味があるのです。

そして第三には、お布施は、お葬式をしてもらったことに対する感謝の気持ちです。注意して欲しいのは、この感謝というのは、お坊さんに対してではなく、仏さまに対してだということです。

お布施の費用は事前に確認

ここまでお布施の意味について述べてきましたが、皆さんが気になるのはやはり費用のことでしょう。 いったい、どのくらい包めばいいのだろうか? ということです。

長福寺では、お葬式にあたって、最初に諸々のうち合わせ・相談をいたしますが、その時に費用の目安をお話ししています。 事前に、きちんと納得いただいた上で、葬儀のご依頼をいただくということです。

ただ、大切なのは、金額の高い安いではありません。 お布施をするという気持ちです。 人によっては、経済的な問題をかかえているなど、様々な状況があると思いますが、そうした方々もご相談いただければ、状況に応じて対応をさせていただいています。 お布施についても、まずはご相談いただければと思います。

また長福寺では、こうしたことがらを相談しやすいよう、長福寺 仏事相談室を設けておりますので、まずは、こちらにご相談ください。

長福寺住職 谷崎無奏

長福寺 えにしの杜 事務所  TEL 0466-24-8204
お布施について相談したい、長福寺でお葬式をしたい、という方は、こちらまでお気軽にご連絡下さい。