長福寺について

 

いま、ここ、を生きる。

仏教を学ぶということは、いま、ここ、を懸命に生きる、ということに尽きます。
長福寺は、皆さまが「よく生きる」ためのお寺です。
また皆さまが、「死と向き合い」、その準備するためのお寺でもあります。
よりよい人生、安らかな人生のため、長福寺は皆さんとともに歩んでいきます。

よく生きる

仏教は、生きる道を学ぶ教えです。長福寺では、仏教や禅、その他様々な学びの場を用意しています。人生を豊かなものにしていきたい、学ぶことそのものを楽しみたい、どんな目的でもけっこうです。小中学生など、若い世代の参加も歓迎しています。

□活動内容 坐禅会、法座(仏教講座)、書道教室、絵画教室、太極拳教室、空手教室など

死と向き合う

死を通して生きることを学ぶのも仏教です。死やお葬式について考えたり、話題にしたりすることは、あまり好まれません。しかし自らの死やお葬式について考えることは、安らかな人生を歩む上でも大切なことですし、遺される家族の幸せのためにも大切なことです。長福寺では、皆さんとともに死やお葬式について考えていきたいと思っています。(法事やお葬式についての疑問や悩みなどがあったら、お気軽にご相談ください)

□活動内容 現代人のライフスタイルにあったシンプルなお葬式やお墓の提案、お葬式の勉強会など