やすらぎの涅槃葬

家族葬を考えている方々へお寺からのご提案

「やすらぎの涅槃葬」をお勧めいたします

簡素でありながらも荘厳の中で亡き人を

無事に来世に旅立つ願いを込めて丁寧な弔いを執り行う葬儀

———————————————————————————————–

やすらぎの涅槃葬の特徴

司会者、祭壇、献花の必要がありません。

また身内の家族だけのご葬儀になるので

道案内看板の必要もありません。

お寺で法要を行うが如く葬儀を執り行いますから

経済的な負担を極力軽減しながらも、しっかりと亡き人の尊厳を守り

ご遺族の皆様に納得して頂ける厳かな葬儀を執り行うことができます。

お金のかけない丁寧な弔いかたです。

———————————————————————————————–

 

やすらぎの涅槃葬の流れ

1.お亡くなりになった日【枕経】

病院から御遺体をご自宅もしくは長福寺涅槃堂に搬送されたのち

予め時間を決めたうえで御住職が枕経をあげます。

枕経は枕元で仏様に対して無事に来世に旅立つ願いを込めて

極楽往生をお願いするために唱えるお経です。

2. 翌日【通夜】

ご自宅、もしくは長福寺涅槃葬からご遺体を火葬場に搬送されて

ご遺体を荼毘します。ご遺骨は長福寺涅槃堂に安置され、この日の夕方

亡き人を偲びながら霊を慰める法要の通夜を執り行います。

3.翌々日【葬儀・告別式】

長福寺涅槃堂にて、故人の徳をたたえ、霊山浄土へと旅立たせる

葬儀を執り行います。なお告別式とは、故人の友人や知人が

最後のお別れをする儀式であり、葬儀と告別式は

本来違う意味の儀式であり、別々に行うものでありましたが

最近は葬儀と告別式を兼ねることが多くなりました。